MySQLのインストール

本章では、MySQLのインストール方法を紹介します。

MySQLのダウンロード

まずはこちらからMySQLをダウンロードしてください。

http://dev.mysql.com/downloads/mysql/5.0.html#macosx-dmg

Mac OS X 用にいくつか種類がありますが、今回は 10.5 Leopard にインストールしますので、Mac OS X 10.5 (x86) または Mac OS X 10.5 (x86_64) のいずれかをダウンロードしてください。ここでは32ビット版の Mac OS X 10.5 (x86) をダウンロードしてインストールする方法を解説しますが、64ビット版の Mac OS X 10.5 (x86_64) もインストール方法は同じです。MySQLをダウンロードすると、自動的にFinderが開きます。

いくつかアイコンがありますが、まずは mysql-5.0.67-osx10.5-x86.pkg をダブルクリックしてください。

mysql-5.0.67-osx10.5-x86.pkg

あとは画面の指示に従い、インストールを完了してください。

次に MySQLStartupItem.pkg をダブルクリックして、同様に、画面の指示に従い、インストールを完了してください。

MySQLStartupItem.pkg

最後に MySQL.prefPane をシステム環境設定のウインドウにドラッグしてください。すると、システム環境設定に「その他」の欄が新たに表示され、MySQLのアイコンが追加されます。

MySQL.prefPane -- システム環境設定ウィンドウにドラッグ --> MySQLアイコン

以上でMySQLのインストールは完了です。次はMySQLの起動・終了方法と、起動確認の方法を解説します。

MySQLの起動確認

ターミナルからコマンドでMySQLを起動する場合は、次の通りです。

localhost:~ futomi$ sudo /Library/StartupItems/MySQLCOM/MySQLCOM start

Starting MySQL database server と表示されればOKです。

では、本当にMySQLが起動しているかをターミナルからpsコマンドを使って確認しましょう。

localhost:~ futomi$ ps agx |grep mysql
 4418 s000  S      0:00.02 /bin/sh ./bin/mysqld_safe --datadir=/usr/local/mysql/data --pid-file=/usr/local/mysql/data/futomi-macbook-air.local.pid
 4438 s000  S      0:00.20 /usr/local/mysql/bin/mysqld --basedir=/usr/local/mysql --datadir=/usr/local/mysql/data --user=mysql --pid-file=/usr/local/mysql/data/futomi-macbook-air.local.pid
 4442 s000  R+     0:00.01 grep mysql

MySQLが起動していれば、上記のように、mysqld_safemysqld のプロセスが表示されるはずです。さらに次のコマンドを実行してみてください。

localhost:~ futomi$/usr/local/mysql/bin/mysqlshow
+--------------------+
|     Databases      |
+--------------------+
| information_schema |
| test               |
+--------------------+

デフォルトで組み込まれているデータベース名が表示されるはずです。

もしMySQLのが起動していないようであれば、/etc/hostconfig の内容を確認してください。

MYSQLCOM=-YES-

パラメータ MYSQLCOM の値が -YES- でない、またはパラメータ MYSQLCOM がない場合は、上記の通りに書き換える、または追加してください。

ターミナルからMySQLを停止したい場合は、次のコマンドを実行します。

localhost:~ futomi$ sudo /Library/StartupItems/MySQLCOM/MySQLCOM stop

システム環境設定のMySQL制御パネル

システム環境設定にMySQLのアイコンを追加しましたが、ここからMySQLの起動や終了の制御が可能となります。

Macintosh HD・アイコンアプリケーション・アイコンシステム環境設定・アイコンMySQLアイコン

MySQLアイコンをクリックすると、次の制御パネルが表示されます。

MySQL制御パネル

画面上段右側の「Stop MySQL Server」ボタンを押せば、MySQLが停止します。逆にMySQLが停止中の場合は「Start MySQL Server」ボタンが表示され、それを押すとMySQLが起動します。

画面下段のチェックボックスは、Mac OS X が起動した際に、MySQLも自動的に起動させるかどうかの設定です。チェックを入れればMySQLの自動起動が有効になります。もし手動で起動したい場合は、このチェックをはずしてください。


これでMySQLがインストールできましたが、これだけではまだMySQLを利用することはできません。次章ではMySQLのDB領域の作成、DBアカウントの作成などの方法を解説していきます。