Finderからシステムファイルにアクセスする方法

Mac OS X でフォルダやファイルにアクセスするにはFinderを使いますが、すべてのファイルにアクセスできるわけではありません。しかし、Mac OS X で開発環境を構築するためには、Finderでは表示されないファイルにアクセスする必要があります。このようなファイルを編集する場合は、通常、ターミナルからUNIXコマンドを実行しますが、やはりある程度のUNIXの知識が必要となります。

ここでは、UNIXの知識に自信がないという方のために、Finderからシステムファイルにアクセスする方法と、システムファイルを編集する方法を解説します。

システムファイルへのアクセス方法

本章でいう「システムファイル」とは、Finderから直接アクセスできないファイル全般を指しています。ここでは、Apacheの設定ファイルを例にとって説明していきます。

/private/etc/apache2/users/ というフォルダの中を見たいとしましょう。残念ながら、Macintosh HDのアイコンをクリックしてFinderを開いても private というフォルダは表示されません。しかし、まったくFinderで見れないようになっているという訳ではありません。

まずFinderを立ち上げ、メニューバーにある「移動」→「フォルダへ移動」を選択します。

フォルダへ移動を選択

フォルダの場所に /private/etc/apache/users/ を入力して「移動」ボタンを押してください。

フォルダの場所を入力

すると、 /private/etc/apache/users/ 内のファイルが表示されます。このようにして、Finderを通して、システムファイルにアクセスしていきます。

システムファイルの編集

この中にある設定ファイル(ここでは futomi.conf)を編集するために、テキストエディタで開いてみてください。ここでは、Mac OS X でシステム開発に便利な mi というエディタを使っています。

miエディタで読み取り専用ファイルを開いた図

上図のように、タイトルバーに(書き込み不可)と表示され、編集することができません。そのため、テキストエディタで開く前に、アクセス権限を変更します。該当ファイルの「情報を見る」を選択してください。

情報を見るを選択

「情報を見る」を選択すると、ファイルの詳細情報が開きます。

ファイルの情報

この画面のアクセス権をご覧ください。everyoneに対するアクセス権は「読み出しのみ」となっており、編集が許可されていません。これを解除するには、右下にある鍵が閉じているアイコンをクリックしてください。

パスワードを入力

パスワードを入力して「OK」ボタンを押すと、先ほどの鍵マークが鍵が開いているアイコンに変わり、アクセス権が変更できるようになります。

アクセス権を変更

everyoneの「読み出しのみ」をクリックして「読み/書き」に変更してください。これで該当のファイルをテキストエディタで編集できるようになります。以降、このファイルに限らず、Finderに表示されないファイルを編集する場合は、上記手順で編集してください。

改行コードに注意

このようなシステムファイルをテキストエディタで編集する場合には改行コードに注意しなければいけません。Mac OS X の改行コードは CR ですが、システムファイルの改行コードは、UNIX OS で使われている LF となっているものがほとんどです。

そのため、まずファイルを開いたら、そのファイルの改行コードが何かを事前に把握しておきましょう。miエディタのように、開いたファイルの改行コードが何かを表示するエディタを使ってください。

miエディタのファイル情報バー

そして、編集後、保存する際にも、最初と同じ改行コードとなるようエディタを設定してください。