Apacheを起動する

Mac OS X は、Classicバージョン(Mac OS 9 以前)とはまったく別のOSといっていいほどの違いがあります。ご存知の通り、Mac OS X は、UNIX上で動作していると言っても過言ではないのです。Mac OS X で動作しているUNIXとは、Darwinと呼ばれ、BSDベースのものとなります。Mac OS X のインタフェースをつかさどるAquaは、UNIXでいうWindow Managerみたいなものでしょう。言い換えると、Windowsよりも、実サーバ環境に近いともいえるのです。さらに、Mac OS X でApacheを動かすためには、UNIXの知識も若干必要となるわけです。

Webアプリケーションの開発環境には、WWWサーバとなるApache、そしてWebアプリケーションを動かすためのプログラム言語であるPerlやPHPが必要となるわけですが、Mac OS X には、これらはすべてプリインストールされています。

まずここではApacheの起動方法、ファイルの置き場所、ブラウザーからアクセスする方法を見ていきましょう。

Apacheの動作確認

まずは、WWWサーバとなるApacheから確認してみましょう。[システム環境設定]→[共有]を立ち上げてください。システム環境設定が見つからない方は、[Machintosh HD]→[アプリケーション]→[システム環境設定]から起動してください。

Macintosh HD・アイコンアプリケーション・アイコンシステム環境設定・アイコン共有・アイコン

Web共有設定画面

「Web 共有」にチェックを入れてください。これでWebサーバが起動します。

では、本当にウェブサーバとして機能しているかを確認してみましょう。まずは、ブラウザーを起動してください。そしてドレス欄に http://localhost/ を入力してアクセスしてみてください。ページが表示されればOKです。次に、あなたのアカウント名が、futomi だったとすると、http://localhost/~futomi/ にアクセスしてみてください。別のページが表示されます。

http://localhost/ にアクセスした場合
http://localhost/ にアクセスした場合
http://localhost/~futomi/ にアクセスした場合
http://localhost/~futomi/ にアクセスした場合

アカウント名の確認

 ところで、あなたのアカウント名ってご存知ですか? Mac OS X をセットアップする際に指定した名前なのですが、もし忘れてしまった場合には、次に手順で確認して下さい。

 Finderを開いてください。Finderのウィンドウのタイトルバーにアカウント名が表示されているはずです。これからCGIの検証をする際には、このアカウントを使いますので、忘れないようにしましょう。

FinderのアイコンFinderウィンドウ

HTML ファイル/ CGI ファイルの置き場所

Apacheでは、HTMLファイルを置く場所のトップディレクトリのことを、ドキュメント・ルートといいます。Mac OS X に実装されているApacheのドキュメント・ルートは、/Library/WebServer/Documents です。先ほど確認した http://localhost/ のHTMLファイルは、このディレクトリ(フォルダ)の中に入っています。またCGIは、/Library/WebServer/CGI-Executables 内に置くことによって、http://localhost/cgi-bin/xxx.cgi でアクセスできるようになります。

ただし、Finderからアクセスする場合は、フォルダの名称が異なります。"Library" は、Finder上では "ライブラリ" になっていますので、注意してください。

ドキュメントルート

Macintosh HD・アイコンライブラリ・アイコンWebServer・アイコンDocuments・アイコン

cgi-binの場所

Macintosh HD・アイコンライブラリ・アイコンWebServer・アイコンCGI-Executables・アイコン

 

では、http://127.0.0.1/~futomi/ で見たHTMLファイルはどこにあるかといいますと、ご自分のアカウントのホームディレクトリ内の「サイト」というフォルダの中なんです。先に説明した「アカウント名の確認」でホームディレクトリを見ましたが、その中に「サイト」というフォルダがあるはずです。

サイト・アイコン

この中にHTMLファイルを用意すれば、ブラウザーから閲覧できるようになります。しかし、CGIファイルを「サイト」フォルダ内に置いたとしても動作しません。動作させるためには、Apacheの設定を変更しなければいけませんが、それについては、次章で説明します。


以上で、Mac OS X のデフォルトの状態の解説が終了しました。次章からは、http://localhost/~futomi/xxx.cgi でCGIが動作するよう、Apacheの設定を変更していきます。