RDF Site Summary (RSS) 1.0 日本語訳

本ドキュメントは、web.resource.org で公開されている 『 RDF Site Summary (RSS) 1.0 』 を futomi が日本語化したものです。みなさまの理解に役立てれば幸いです。なお、緑色で記載された文章は、futomi が注釈として加筆したものです。また、一部、直訳ではなく、意訳した部分がございます。原文と表現が異なることがございますので、ご了承ください。

注意: この日本語訳は、futomi が理解を深めるために、自分なりに日本語化したものです。本日本語訳には、翻訳上の誤りがある可能性があります。したがって、内容について一切保証をするものではありません。正確さを求める場合には、必ず原文を参照してください。当方は、この文書によって利用者が被るいかなる損害の責任を負いません。

もし誤りなどを見つけたら、こちらからご連絡いただければ幸いです。


RDF Site Summary (RSS) 1.0

概要

RDF Site Summary (RSS) は、ライトウェイトな多目的拡張メタデータ記述およびシンジケートフォーマットです。RSS は、XML アプリケーションであり、W3C の RDF 仕様に準拠し、XML 名前空間および RDF ベースのモジュール化によって拡張することができます。

著者

RSS-DEV ワーキンググループのメンバー:

Gabe Beged-Dov, JFinity Systems LLC
Dan Brickley, ILRT
Rael Dornfest, O'Reilly & Associates
Ian Davis, Calaba, Ltd.
Leigh Dodds, xmlhack
Jonathan Eisenzopf, Whirlwind Interactive
David Galbraith, Moreover.com
R.V. Guha, guha.com
Ken MacLeod, (Independent)
Eric Miller, Online Computer Library Center, Inc.
Aaron Swartz, The Info Network
Eric van der Vlist, Dyomedea

バージョン

最新バージョン: http://purl.org/rss/1.0/spec

1.3.4 2001-05-30 section 5.3.6 のちょっとした誤字を訂正しました。(as, announcement)
1.3.3 2001-03-20 mime-type と URI を更新しました。 (as, announcement)
1.3.2 2000-12-19 (スタイルを変更し、マークアップを整えました。校正者: SBP
1.3.1 2000-12-17 (誤字修正: RSS 文書ごとの最大 item 数を 15 に推奨しましたが強制しませんでした。 [5.5].)
1.3 2000-12-09

状態

リリース

意見は、RSS-DEV mailing list に書き込んでください。アーカイブは http://www.egroups.com/messages/rss-dev にあります。

権利

Copyright © 2000 by the Authors.

この RDF Site Summary 1.0 Specification の利用、変更、配布、そして、目的を問わず文書への同梱を、無償で、本契約により永久に許諾します。ただし、複製する際には、上記の著作権表示とこの段落は、必ず掲示しなければいけません。著作権保有者は、目的を問わず、その仕様の適合性について異議申し立てをすることはありません。表明もしくは課せられた保証なしに、"ありのままに" 提供されます。

この著作権は、RDF Site Summary 1.0 Specification およびそれに付随する文書に適用され、RSS フォーマットそのものに及ぶものではありません。

目次

5.3.1 <title>
5.3.2 <link>
5.3.4 <image>
5.3.5 <items>
5.4.1 <title>
5.4.2 <url>
5.4.3 <link>
5.5 <item>
5.5.1 <title>
5.5.2 <link>
5.6.1 <title>
5.6.3 <name>
5.6.4 <link>
7.

1. はじめに

RDF Site Summary (RSS) は、ライトウェイトな多目的拡張可能なメータデータ記述およびシンジケートフォーマットです。RSS は、XML アプリケーションであり、W3C の RDF 仕様に準拠しています。RSS は、XML 名前空間および RDF ベースの モジュール化によって拡張することができます。

RSS サマリーとは、必要最小限ではありますが、URL 参照可能な項目から構成される "チャネル" というものを記述した文書です。各項目は、タイトル、リンク、短い説明文から成り立っています。これらの項目は、もともとニュースヘッドラインに使われてきましたが、RSS はその短い存在の中でよりいそうの多目的化しています。RSS 1.0 文書のサンプルは、後述の「7. 」をご覧下さい。

2. 背景

RSS 0.9 は、1999年に、ネットスケープ社が My Netscape Network (MNN) ポータルのために、チャンネル記述フレームワーク/コンテンツ収集メカニズムとして発表したものです。簡素な文書スナップショットを提供することによって、ウェブサイトの製作者は、My Netscape 上においた自分達のコンテンツを通して、閲覧者を獲得しました。

MNN の功績の副産物として、XML ベースのライトウェイトなシンジゲートフォーマットとして RSS を利用したことがあげられます。すぐに、アドホックなシンジケートシステムへの実用可能な代案になり、ICE のようなヘビーウェイトな標準が行き過ぎてしまった多くの筋書きにおいて、実用的になりました。そして、多目的化はヘッドラインシンジケートにとどまりませんでした。今日の RSS フィードは、ニュースヘッドライン、ディスカッションフォーラム、ソフトウェアアナウンスメント、各種独自データ等、多種多様なコンテンツを運ぶようになりました。

"Rich Site Summary," と異名をとる RSS 0.91 は、0.9 に引き続き時を待たずにリリースされました。RDF の本質が欠落し、Userland の scriptingNews フォーマットから持ち込まれた新しい要素が誇らしげに示されました。新しい項目レベル <description> 要素であることは最も明白です。RSS を(ライトウェイトな)コンテンツシンジケートの活躍の舞台に持ってきたのです。

ネットスケープ社はその RSS の取り組みを中止してしまいましたが、Userland の Dave Winer による伝道的熱意によって、RSS のシンジケートフレームワークとしての採用が高まっていくことになりました。Manila のプロダクトと、それと関連する EditThisPage.com のサービスに、シンジケートフォーマットの一つとして RSS 0.91 が組み込まれたことで、ウェブログとシンジケートの世界が一つになったのです。

3. 動機

RSS が再定義され、統合され、カテゴライズされ続けるにつれ、拡張メタデータフレームワークに対するニーズが高まってきました。channel レベルや item レベルの title や description 要素は、メタデータと HTML と一緒に過負荷となっております。製作者の中には、RSS のわずかなメタデータの利便性を増そうと、非公式でアドホックな要素(例えば、<category>, <date>, <author>)を挿入するという手段に出る人もいます。

提案された解決策の一つは、RSS のコアにもっと簡単な要素を加えることです。この方向性は、恐らく短期では最もシンプルであり続けるでしょうが、拡張性が犠牲になり、そして、リクエストされた機能を追加したり、使わない機能を削除するたびに、コアフォーマットを繰返し修正しなければいけなくなります。要素の使い方の具体的な説明に関しては、Ian Davis の RSS Survey (2000-07-25) をご覧下さい。

2 つ目の解決策は、ここで採用されている解決策でもありますが、特定の機能を、プラグイン可能な RSS モジュールに区画化することです。これは、この仕様で使われているアプローチの一つです。モジュール化は、区画化されたボキャブラリー用の XML 名前空間 を使うことにより実現します。RSS の機能を追加したり削除することは、目前のタスクに最も適したモジュールの特定のセットを組み込むかどうかの問題に過ぎなくなるのです。そのため、RSS コアを改訂する必要は全くないのです。

RSS の高度なアプリケーションは、channel 要素内外の間の関係をもっと豊富に表現することを要求しています(例えば、スレッド化された議論)。RDF (Resource Description Framework) は、まさにそのような豊富なメタデータモデルのためのフレームワークを提供するのです。RSS 0.9 は、基本的な(アルファベットに限定した) RDF を提供しました。それは、RDF をよりいっそう構造をレイヤー化したものでした。

4. 設計の目標

RSS 1.0 の設計は、XML ベースのライトウェイトな多目的拡張可能なメタデータ記述およびシンジケートフォーマットにすることを目標としています。現存のシンジケートコンテンツ製作者が容易に適用できるようにするために、RSS 0.9 との下位互換性を目標とします。

4.1 ライトウェイト

多くの RSS の成功は、RSS が XMLNewsICE のような完全なシンジケートフレームワークというよりむしろ単純な XML 文書であるという事実によるものです。

以下は、基本的な RSS 1.0 文書のサンプルです。RSS 1.0 のコア要素セットだけを使って作ったものです。

<?xml version="1.0"?>

<rdf:RDF 
  xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
  xmlns="http://purl.org/rss/1.0/"
>

  <channel rdf:about="http://www.xml.com/xml/news.rss">
    <title>XML.com</title>
    <link>http://xml.com/pub</link>
    <description>
      XML.com features a rich mix of information and services 
      for the XML community.
    </description>

    <image rdf:resource="http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif" />

    <items>
      <rdf:Seq>
        <rdf:li resource="http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html" />
        <rdf:li resource="http://xml.com/pub/2000/08/09/rdfdb/index.html" />
      </rdf:Seq>
    </items>

  </channel>
  
  <image rdf:about="http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif">
    <title>XML.com</title>
    <link>http://www.xml.com</link>
    <url>http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif</url>
  </image>
  
  <item rdf:about="http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html">
    <title>Processing Inclusions with XSLT</title>
    <link>http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html</link>
    <description>
     Processing document inclusions with general XML tools can be 
     problematic. This article proposes a way of preserving inclusion 
     information through SAX-based processing.
    </description>
  </item>
  
  <item rdf:about="http://xml.com/pub/2000/08/09/rdfdb/index.html">
    <title>Putting RDF to Work</title>
    <link>http://xml.com/pub/2000/08/09/rdfdb/index.html</link>
    <description>
     Tool and API support for the Resource Description Framework 
     is slowly coming of age. Edd Dumbill takes a look at RDFDB, 
     one of the most exciting new RDF toolkits.
    </description>
  </item>

</rdf:RDF>

4.2 多目的

バージョン 0.91 がリリースされてからの 12 ヶ月間は、RSS のさまざまな奇抜な利用が浮上してきました。RSS は、成長しているアプリケーションのニーズとともに進化することを求められているのです。アグリゲーション、ディスカッションスレッド、ジョブリスティング、売り家(複数のリスティングサーービス)、スポーツのスコア、文書カタログなどです。モジュール化と RDF に基づいた XML 名前空間を通して、RSS 1.0 は、標準化とアドホックな再目的化の双方のためのフレームワークを構築します。

4.3 拡張性

RSS 1.0 とそれ以前(または派生)のバージョン間の違いで最も大事なポイントは、XML 名前空間RDF (Resource Description Framework) の準拠を通した拡張性にあります。

名前空間ベースのモジュールは、区分化された拡張性を実現します。これは、RSS を次に示すように拡張することができるということです。

RSS モジュールは、後述のモジュール章でさらに詳細に取り扱っています。

4.4 メタデータ

メタデータとは、データに関するデータのことです。ウェブに関する情報はあちこちにありまったく不足はありませんが、メタデータに関して、貴重でちょっとした記述があります。W3C の Metadata Activity Statement は、その話題に関してこう言っています。

ウェブの可能な利用は終わりがないようです。しかし、テクノロジーは決定的な要素を欠いています。情報に関する情報を含む部分がウェブにはないのです。その部分とは、ウェブページがとりわけコンピュータによって適切に検索され生成されることができる方法で構築された、ラベル付け、分類、記述情報のことです。

RDF は、以前にフラットに構築された RSS を使って何か可能であるかということを超えて、リッチメタデータの関連性の記述を可能にしているのです。RSS 0.9 の中に存在する RDF ベースは、RSS の初期バージョンの上に構築することを選択するための理由だったのです。バージョン 0.91 の中に RDF を再導入する試みは、"歯磨き粉をチューブに戻す" 主張提案だと証明されました。

4.5 シンジケート

シンジケートとは、ここでは、情報検索や、さらなる転送、アグリゲーション、またはオンライン発行のために、データをオンラインで利用可能にすることとして定義します。シンジケートシステムのさまざまな複雑な問題の詳細(無料 vs. 月額制、プッシュ型 vs. プル型)は、この仕様の範囲外とします。

5. コア構文

RSS 1.0 の中核は、RSS 0.9 の上に成り立っています。RSS 1.0 は、下位互換性を保ちながら、XML 名前空間と RDF を通した拡張性に注力しています。

RSS 0.9 との下位互換性

下位互換性は、基本 RSS パーサー、モジュールそしてライブラリーが以下に示すもので解釈できないものを無視するという想定と規定によって成り立っています。

  1. 属性: RSS 0.9 は RDF 名前空間で宣言されていない属性を一切使いません。
  2. デフォルトの名前空間ではないが存在するモジュール化された拡張要素メンバー
  3. RSS 0.9 文書の全体の構造を妨げないアドホックな要素

XML 名前空間ベースのモジュール化を通した拡張性

RSS 1.0 は、XML 名前空間ベースのモジュールを通して拡張可能です。アドホックな拡張性は、もちろん推奨されますが、分類法、アグリゲーション、Dublin Core 等のような機能をカバーしている承諾済みのモジュールのコアセットが出現することが望まれます。後述のモジュール章をご覧下さい。同様に RSS 1.0 モジュール のコアの登録についても同様です。※ "RDF Site Summary 1.0 Modules 日本語訳" をご覧下さい。

image, item, textinput 要素 [5.3 <channel>, 5.4 <image>, 5.5 <item>, 5.6 <textinput>] 等のトップレベルの channel の子要素には一つの制限が課せられています。それは、これらの要素は繰り返す子要素をを含んではいけないという制限です(例: <item><dc:subject /><dc:subject /></item>)。この提案は、直近の子要素に対して強制するだけです。(リッチコンテンツや繰り返される要素の)深さは、すでに RDF 構文を使って明確になっているのです。

RDF

RSS 1.0 は、次に挙げる最小の条件を追加することによって、RSS 0.9 に見られる(RSS 0.91 ではなくなっている) 未熟な RDF フレームワークの上に構築します。

RDF と RSS 1.0 の 簡素な XML 表示を可能な限り同期し続けるために、RSS 1.0 は、コア要素内での typed-element RDF 構文の使用をサポートしているのに過ぎないのです。

Mime Type

RSS 1.0 文書の現時点の推奨 mime-type は、application/xml です。しかし、RDF (そしてできれば RSS)に対する mime-type を登録することが現在行われています。RDF (またはできれば RSS) mime-type は、一度それが登録されてしまえば、使われるべきなのです。

ファイル拡張子

RSS 1.0 文書に対する特定のファイル拡張子は必要ではありません。.rdf や .xml が推奨されますが、前者が好まれています。

エンコーディング

RSS 0.9 は ASCII エンコーディングのみをサポートしていましたが、RSS 1.0 は UTF-8 を想定します。US-ASCII (つまり、127 以上のすべての文字が &#nnn としてエンコードされます。)は、UTF-8 (そして HTTP のデフォルトヘッダーエンコーディングである ISO-8859-1 )と一緒です。

URL

RSS 0.9 との下位互換性を保証する手段として、次のスキームだけが、url と link 要素に受け入れられます。http:, https:, ftp:. mailto: は textinput の link 要素だけで受け入れられます。

実体

XML では、マークアップのためにいくつかの文字が使われます。RSS 文書内で XML のマークアップ用の文字を使うためには、その文字を実体参照に置き換えなければいけません。

次に示す 2 つの実体参照も、準拠した XML パーサーによって認識されます。一般的なことですが、それらの利用は任意です。しかし、文字列の中にクォート文字を含むときには、必須です。例えば、""Hello," she said" は、"&quot;Hello,&quot; she said" とエンコードされなければいけません。

注意:RSS 1.0 は DTD を必要としませんので、必ず、前述の 5 つのほかに使われる実体の内部宣言を含めて下さい。次の DTD は、HTML 互換実体のソースとして非常に有用です。

使用例:

<?xml version="1.0"?>

<!DOCTYPE rdf:RDF [
<!ENTITY % HTMLlat1 PUBLIC
 "-//W3C//ENTITIES Latin 1 for XHTML//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml-lat1.ent">
%HTMLlat1;
]>

<rdf:RDF
 xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
 xmlns="http://purl.org/rss/1.0/"
>

...

コンテント長

RSS 1.0 は、title, link, description のような要素のコンテント長をアプリケーションに受け入れられるようにしていますが、RSS 0.9 の最大文字長は、下位互換性への厳密な遵守のために、推奨される良い実行の状態へ廃止される可能性があります。

表記法

後述のコア要素の説明では、以下の表記法が使われます。

5.1 <?xml version="1.0"?>

RSS 文書は、XML アプリケーションのように、 XML 宣言で始めることを要求されません。最適な実際の提案として、そして、RSS 0.9 (0.9 の仕様では、XML 宣言を必要としています。)との下位互換性をより確実にするために、この仕様では、XML 宣言で始めることを推奨します。

構文: <?xml version="1.0"?>
必要条件: 任意 (エンコーディングが指定されていなければ)

5.2 <rdf:RDF>

いかなる RSS 1.0 準拠の文書でも、最も外側のレベルは RDF 要素です。RDF タグで始まっていれば、rdf として関連付けます。名前空間が RDF 構文スキーマより前にきて、その文書のデフォルトの名前空間として RSS 1.0 スキーマを構築します。

どんな有効な名前空間プレフィックスが使われたとしても、文書製作者は、"rdf:" を基準とみなすよう勧告されます。RSS 0.9 との下位互換性を確実に保ちたいなら、"rdf:" を使わなければいけません。

構文: <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns="http://purl.org/rss/1.0/">
必要条件: 他の名前空間を宣言するとしても、上記に示す通りそのままで必須です。
モデル: (channel, image?, item+, textinput?)

5.3 <channel>

channel 要素は、channel 自身を説明するメタデータを含みます。channel 要素には、タイトル、短い説明、リソースを指し示す URL リンク(例えば、チャネル提供者のホームページ)を含みます。channel 要素の rdf:about 属性の {resource} URL は、RSS 文書内の他の rdf:about の中でユニークでなければいけません。そして、チャネルを識別する URI です。通常、これは記述されているホームページの URL や RSS ファイルを見つけられる URL のいずれかです。

構文: <channel rdf:about="{resource}">
必要条件: 必須
必須属性: rdf:about
モデル: (title, link, description, image?, items, textinput?)
例:

  <channel rdf:about="http://www.xml.com/xml/news.rss">
    <title>XML.com</title>
    <link>http://xml.com/pub</link>
    <description>
      XML.com features a rich mix of information and services 
      for the XML community.
    </description>

    <image rdf:resource="http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif" />

    <items>
      <rdf:Seq>
        <rdf:li resource="http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html" />
        <rdf:li resource="http://xml.com/pub/2000/08/09/rdfdb/index.html" />
      </rdf:Seq>
    </items>

    <textinput rdf:resource="http://search.xml.com" />

  </channel>

5.3.1 <title>

チャンネルについて説明するタイトルです。

構文: <title>{channel_title}</title>
必要条件: 必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 40 (文字)

5.3.2 <link>

チャンネルのタイトルを表示する HTML がリンクするであろう URL です。通常、親サイトのホームやニュースページです。

構文: <link>{channel_link}</link>
必要条件: 必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 500

5.3.3 <description>

チャンネルのコンテンツ、機能、ソース等の短い説明です。

構文: <description>{channel_description}</description>
必要条件: 必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 500

5.3.4 <image>

任意の image 要素 [5.4] とこの特別な RSS チャンネルとの間に RDF 関連付けを構築します。rdf:resource の {image_uri} は、image 要素の rdf:about {image_uri} と同じでなければいけません。

構文: <image rdf:resource="{image_uri}" />
必須条件: image 要素がある場合にだけ必須
モデル: Empty

5.3.5 <items>

コンテンツの RDF テーブルのことで、文書の items [5.5] をこの特定の RSS チャネルと関連付けます。各 item の rdf:resource {item_uri} は、item 要素の rdf:about {item_uri} と同じでなければいけません。

RDF Seq (列)は、レンダリングと再構築のための item の順番を意味するために、RDF Bag というよりむしろすべての item を含むために使われます。

channel レベルの item 列のメンバーとしてではなく、文書内に現れる item は、RDF パーサーによって捨てられるかもしれないことに注意して下さい。

構文; <items><rdf:Seq><rdf:li resource="{item_uri}" /> ... </rdf:Seq></items>
必須条件: 必須

5.3.6 <textinput>

任意の textinput 要素 [5.6] とこの特定の RSS チャネルとの間に RDF 関連付けを構築します。{textinput_uri} rdf:resource は、textinput 要素の rdf:about {textinput_uri} と同じでなければいけません。

構文: <textinput rdf:resource="{textinput_uri}" />
必須条件: textinput 要素がある場合にだけ必須
モデル: Empty

5.4 <image>

チャンネルの HTML 表示用のイメージです。このイメージは、主要なウェブブラウザーでサポートされているフォーマットにすべきです。0.91 以降の仕様では、幅が 1-144、高さが 1-400 が許されていましたが、慣例(そして 0.9 仕様)では 88x31 と指定されています。

構文: <image rdf:about="{image_uri}">
必須条件: 任意: もし存在するなら、channel 要素 [5.3.4] に現れなければいけません。
必須属性: rdf:about
モデル: (title, url, link)
例:

  <image rdf:about="http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif">
    <title>XML.com</title>
    <link>http://www.xml.com</link>
    <url>http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif</url>
  </image>

5.4.1 <title>

HTML として表示されるとき、チャネルの image タグ用の代替テキスト("alt" 属性)です。

構文: <title>{image_alt_text}</title>
必須条件: image 要素がある場合には必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 40

5.4.2 <url>

HTML として表示されるとき、チャネルの image タグの "src" 属性で使われるための画像の URL です。

構文: <url>{image_url}</url>
必須条件: image 要素がある場合には必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 500

5.4.3 <link>

チャネルイメージの HTML 表示がリンクするであろう URL です。これは、チャネルのタイトルリンクと同様に、通常は親サイトのホームもしくはニュースページです。

構文: <link>{image_link}</link>
必須条件: image 要素がある場合には必須
モデル: (#PCDATA)
Member of::image
(推奨) 最大長: 500

5.5 <item>

これは、通常、RSS 1.0 のモジュール拡張機能を使ったニュースヘッドラインのことなのですが、どんなことに関しても使えます。ディスカッション投稿、ジョブリスティング、ソフトウェアパッチ、URI を使ってどんなオブジェクト。RSS 文書ごとに少なくとも一つの item あります。RSS 1.0 は上限を強制しませんが、RSS 0.9 と 0.91 との下位互換性のために、最大 15 項目を推奨します。

{item_uri} は、RSS 文書内の他の rdf:about 属性に関してユニークでなければいけません。そして item を指し示す URI です。{item_uri} は、可能なら、<item> 要素の <link> 子要素の値と一致しているべきです。

構文: <item rdf:about="{item_uri}">
必須条件: >= 1
推奨 (0.9x との下位互換性用): 1-15
必須属性: rdf:about
モデル: (title, link, description?)
例:

  <item rdf:about="http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html">
    <title>Processing Inclusions with XSLT</title>
    <link>http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html</link>
    <description>
     Processing document inclusions with general XML tools can be 
     problematic. This article proposes a way of preserving inclusion 
     information through SAX-based processing.
    </description>
  </item>

5.5.1 <title>

item のタイトルです。

構文: <title>{item_title}</title>
必須条件: 必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 100

5.5.2 <link>

item の URL です。

構文: <link>{item_link}</link>
必須条件: 必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 500

5.5.3 <description>

簡単な item の説明/概要です。

構文: <description>{item_description}</description>
必須条件: 任意
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 500

5.6 <textinput>

textinput 要素は、任意の URL にフォームデータを投稿するための手段を提供します。任意の URL とは、通常、親のウェブサイトに位置する URL です。終端だけを受け取ったフォームプロセッサーは、HTTP GET メソッドをハンドルすると考えられます。

フィールドは、とりわけ検索ボックスや投稿フォームとしてよく使われます。これは、RSS 文書がチャネル(MNN を見て下さい)として表示され、タイトルや説明が人間に読める場合に使われますが、このオーバーロードされた要素の真意の自動的な判定におけるあいまいさは、それを表示します。そうでなければ特に使いやすいわけではないのです。それゆえに、RSS 1.0 は将来のバージョンでは、RSS 0.9 との下位互換性のためにそれを維持しながら、この要素のリソース発見のいくつかのフォームの廃止もしくは増強のいずれかを提案します。

{textinput_uri} は、RSS 文書内の他の rdf:about 属性の中でユニークでなければいけません。そして、textinput を特定する URI です。{textinput_uri} は、可能であれば、<textinput> 要素の <link> 子要素の値と一致すべきです。

構文: <textinput rdf:about="{textinput_uri}">
必須条件: 任意; もし存在するなら、channel 要素 [5.3.6] 内に存在しなければいけません。
必須属性: rdf:about
モデル: (title, description, name, link)
例:

  <textinput rdf:about="http://search.xml.com">
    <title>Search XML.com</title>
    <description>Search XML.com's XML collection</description>
    <name>s</name>
    <link>http://search.xml.com</link>
  </textinput>

5.6.1 <title>

textinput フィールドを説明するタイトルです。例えば、"投稿" や "検索!" です。

構文: <title>{textinput_title}</title>
説明: Textinput title
必須条件: textinput なら必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 40

5.6.2 <description>

textinput フィールドの目的を簡単に説明します。例えば、"私どもの ... に関するニュースレターを申し込む" や "当サイトのアーカイブから ... を検索" です。

構文: <description>{textinput_description}</description>
必須条件: textinput なら必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 100

5.6.3 <name>

テキスト入力フィールドの(変数の)名前です。

構文: <name>{textinput_varname}</name>
必須条件: textinput なら必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 500

5.6.4 <link>

textinput 投稿が(GET を使って)指し示すであろう URL です。

構文: <link>{textinput_action_url}</link>
説明: Textinput form action URL
必須条件: textinput なら必須
モデル: (#PCDATA)
(推奨) 最大長: 500

6. モジュール

名前空間ベースでモジュール化することで、RSS 1.0 は区分化された拡張性を持つことができます。

RSS 1.0 とともに "打席に" 立てるモジュールは、 Dublin CoreSyndication のみです。さらに詳しい情報に関しては、適切なモジュール文書を調べて下さい。

モジュール作成ガイドラインと登録済み core RSS 1.0 モジュールに関しては、RSS 1.0 Modules を参照して下さい。※ "RDF Site Summary 1.0 Modules 日本語訳" をご覧下さい。

モジュールの使い方のいくつかのサンプルは、次章で見つけられるでしょう。

7. 例

基本的な RSS 1.0 (0.9 のような)の文書です。RSS 1.0 のコア要素セットのみを使って作られています。

<?xml version="1.0"?>

<rdf:RDF 
  xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
  xmlns="http://purl.org/rss/1.0/"
>

  <channel rdf:about="http://www.xml.com/xml/news.rss">
    <title>XML.com</title>
    <link>http://xml.com/pub</link>
    <description>
      XML.com features a rich mix of information and services 
      for the XML community.
    </description>

    <image rdf:resource="http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif" />

    <items>
      <rdf:Seq>
        <rdf:li resource="http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html" />
        <rdf:li resource="http://xml.com/pub/2000/08/09/rdfdb/index.html" />
      </rdf:Seq>
    </items>

    <textinput rdf:resource="http://search.xml.com" />

  </channel>
  
  <image rdf:about="http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif">
    <title>XML.com</title>
    <link>http://www.xml.com</link>
    <url>http://xml.com/universal/images/xml_tiny.gif</url>
  </image>
  
  <item rdf:about="http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html">
    <title>Processing Inclusions with XSLT</title>
    <link>http://xml.com/pub/2000/08/09/xslt/xslt.html</link>
    <description>
     Processing document inclusions with general XML tools can be 
     problematic. This article proposes a way of preserving inclusion 
     information through SAX-based processing.
    </description>
  </item>
  
  <item rdf:about="http://xml.com/pub/2000/08/09/rdfdb/index.html">
    <title>Putting RDF to Work</title>
    <link>http://xml.com/pub/2000/08/09/rdfdb/index.html</link>
    <description>
     Tool and API support for the Resource Description Framework 
     is slowly coming of age. Edd Dumbill takes a look at RDFDB, 
     one of the most exciting new RDF toolkits.
    </description>
  </item>

  <textinput rdf:about="http://search.xml.com">
    <title>Search XML.com</title>
    <description>Search XML.com's XML collection</description>
    <name>s</name>
    <link>http://search.xml.com</link>
  </textinput>

</rdf:RDF>

さまざまなモジュールから要素に入れられた RSS 1.0 文書です(別の色でハイライトされています。)。注意: このサンプルで使われているモジュールは、説明以外のために使ってはいけません。完全なモジュールの情報は、 RSS 1.0 Modules を参照して下さい。※ "RDF Site Summary 1.0 Modules 日本語訳" をご覧下さい。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> 

<rdf:RDF 
  xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" 
  xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
  xmlns:sy="http://purl.org/rss/1.0/modules/syndication/"
  xmlns:co="http://purl.org/rss/1.0/modules/company/"
  xmlns:ti="http://purl.org/rss/1.0/modules/textinput/"
  xmlns="http://purl.org/rss/1.0/"
> 

  <channel rdf:about="http://meerkat.oreillynet.com/?_fl=rss1.0">
    <title>Meerkat</title>
    <link>http://meerkat.oreillynet.com</link>
    <description>Meerkat: An Open Wire Service</description>
    <dc:publisher>The O'Reilly Network</dc:publisher>
    <dc:creator>Rael Dornfest (mailto:rael@oreilly.com)</dc:creator>
    <dc:rights>Copyright &#169; 2000 O'Reilly &amp; Associates, Inc.</dc:rights>
    <dc:date>2000-01-01T12:00+00:00</dc:date>
    <sy:updatePeriod>hourly</sy:updatePeriod>
    <sy:updateFrequency>2</sy:updateFrequency>
    <sy:updateBase>2000-01-01T12:00+00:00</sy:updateBase>

    <image rdf:resource="http://meerkat.oreillynet.com/icons/meerkat-powered.jpg" />

    <items>
      <rdf:Seq>
        <rdf:li resource="http://c.moreover.com/click/here.pl?r123" />
      </rdf:Seq>
    </items>

    <textinput rdf:resource="http://meerkat.oreillynet.com" />

  </channel>

  <image rdf:about="http://meerkat.oreillynet.com/icons/meerkat-powered.jpg">
    <title>Meerkat Powered!</title>
    <url>http://meerkat.oreillynet.com/icons/meerkat-powered.jpg</url>
    <link>http://meerkat.oreillynet.com</link>
  </image>

  <item rdf:about="http://c.moreover.com/click/here.pl?r123">
    <title>XML: A Disruptive Technology</title> 
    <link>http://c.moreover.com/click/here.pl?r123</link>
    <dc:description>
      XML is placing increasingly heavy loads on the existing technical
      infrastructure of the Internet.
    </dc:description>
    <dc:publisher>The O'Reilly Network</dc:publisher>
    <dc:creator>Simon St.Laurent (mailto:simonstl@simonstl.com)</dc:creator>
    <dc:rights>Copyright &#169; 2000 O'Reilly &amp; Associates, Inc.</dc:rights>
    <dc:subject>XML</dc:subject>
    <co:name>XML.com</co:name>
    <co:market>NASDAQ</co:market>
    <co:symbol>XML</co:symbol>
  </item> 

  <textinput rdf:about="http://meerkat.oreillynet.com">
    <title>Search Meerkat</title>
    <description>Search Meerkat's RSS Database...</description>
    <name>s</name>
    <link>http://meerkat.oreillynet.com/</link>
    <ti:function>search</ti:function>
    <ti:inputType>regex</ti:inputType>
  </textinput>

</rdf:RDF>

8. 参考文献

9. 謝辞